建築設計のための2020年4月改正民法 解説セミナー
~貴社の契約はそのままで大丈夫?~

建築設計のための2020年4月改正民法 解説セミナー
~貴社の契約はそのままで大丈夫?~


2020年4月1日から、改正民法、改正意匠法がスタートします。
このうち民法改正は、債権法を約120年ぶりに変更する大きな変更です。
一方、(公社)住宅リフォーム・紛争処理センターには、新築・リフォームと併せて、年間約28,000件(2017年)のトラブル相談が寄せられ、その件数は年々増加傾向にあります。そして、建築トラブルが一度生じると、報酬の未入金や紛争対応等のため、資金的・時間的負担を会社が被ることになります。
もっとも、建築・不動産トラブルに携わる弁護士の視点からみますと、このうちの多くのトラブルは、お客様への十分な説明に加え、契約書や書類をしっかり備えることで、未然に防止できるものも多いのではないかと思います。

2020年4月1日から始まる新しい民法に備えて、貴社の契約書も今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。今回のセミナーでは、そのチェックのきっかけ・基礎知識をお届けしたいと思います。



[開催要項]

◆日時:
 ■2020年2月19日(水) 14:00-15:30 (受付開始13:30~) 定員10名
 ■2020年2月26日(水) 17:00-18:30 (受付開始16:30~) 定員10名

2020年2月26日開催の本セミナーは、新型コロナウイルスの感染拡大傾向や政府からのイベント開催に関する発表を鑑み、開催を中止いたします。
参加を予定いただいた皆様には、このような突然の変更となりましたことをお詫び申し上げますと共に、事情をお汲み取りのうえ何卒ご理解のほどいただきたく、よろしくお願い申し上げます。



◆会場:当社セミナー会場  下記地図を参照ください
     東京都目黒区東山1-6-7フォーラム中目黒ビル2階  TEL 03-5723-6460(代表)

◆講師:神楽坂総合法律事務所 代表 弁護士 寺田弘晃

◆セミナー内容:
 ■設計契約トラブルと改正民法
 ■設計契約が途中解除された場合と設計報酬の確保
 ■設計契約の細目(時効、約款利用、経過規定、遅延損害金等)
 ■内外装デザインの保護と意匠法
 ■設計契約トラブルと具体的な対応策
 [セミナー終了後、ご相談のある方はそのままご相談が可能です]

◆定員:1回 10名
 定員になり次第、申込締切とさせて頂きます。(最小開催人数:3名)

◆受講料:
①弊社システム有償保守契約中の方:3,300円(税込)/1名
②弊社システム保守未契約の方:5,500円(税込)/1名
※ADS-BT for VECTORWORKSご利用の方は、[有償年間サポート契約中]の方のみ①の受講料となります

<講師:神楽坂総合法律事務所 代表 弁護士 寺田弘晃プロフィール>
早稲田大学 法学部卒業
慶應義塾大学 法科大学院卒業
さいたま修習後、弁護士登録
江戸川区内、渋谷区内の法律事務所で勤務弁護士、パートナー弁護士の経験を経て
2019年6月 神楽坂総合法律事務所を開設
[現職]弁護士法人神楽坂総合法律事務所 代表 ・(一社)日本カラリスト協会 監事
[前職]慶應義塾大学法科大学院 助教
資格:弁護士、行政書士、宅建士、マンション管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士等
事務所案内

◆お問合せ:生活産業研究所セミナー担当:TEL 03-5723-6461



本セミナーのお申込みは終了いたしました



会場:東京都目黒区東山1-6-7 フォーラム中目黒ビル2階

大きな地図で見る