ADS-BT Light for Revit 2020 無料ダウンロード開始

ADS-BT Light for Revit 2020 無料ダウンロード開始


Revit 2020用高さ制限解析システム"ADS-BT"の体験版
 "ADS-BT Light for Revit2020"の無料ダウンロードを公開いたしました。

Autodesk Revit 用高さ制限解析システム ADS-BT for Revitの無料Light版
ADS-BT Light for Revit は高さ制限解析システムADS-winの計算エンジンを搭載したRevitのアドインシステムです。無料Light版ではRevit上で、斜線制限の鳥籠図でのチェック、日影規制ライン上での規制ラインチェック、天空率計算の簡易チェック機能を搭載しています。
(大塚商会 BIMナビHP内)



2020年3月6日 生活産業研究所株式会社


ADS-BT Light for Revit 各機能 解説Movie
与条件 ― 斜線計算 ― 簡易天空率 ― 規制ラインチェック

■与条件設定 

■斜線計算

■簡易天空率

■日影規制ラインチェック

■ADS-BT(Light)forRevitとADS-winとのデータインポート

■ADS-BT(Light)forRevitとADS-winとのデータエクスポート

製品版 ADS-BT for Revit

BIM(Building Information Modeling)の普及も進み、 日影・天空率・斜線制限といった集団規定の高さ制限の解析、ボリュームスタディもBIM上でシミュレーションが出来る事が望まれます。 Autodesk Revitアドインシステム[ADS-BT for Revit] はAutodesk Revit上で、斜線・逆日影計算や日影計算、天空率計算が可能となります。 また、ADS-BT for Revitは2011年のファーストバージョンリリースより多くの設計者のご意見・要望を頂き、より実務に沿った操作性・機能を強化してきました。 天空率の算定においては、ケースによっては複雑な設定が必要であった部分も[簡易設定機能]を設け、[JCBA方式]や[東京方式]を選択するだけで自動化する事が可能となり、天空率算定の結果を求めるまでの時間が 大幅に短縮され、設計業務をより効率的に行えます。 高精度&高性能高さ制限解析システムとして評価を得ているADS-winの計算エンジンをそのままに、データ連携ではないアドインシステムだからこそ実現できる 思考を妨げることのないシミュレーションシステムとして、企画設計をサポートします

ADS-BT for Revit詳しくはこちら