印刷プレビュー-文字


Q

レイアウトしたオブジェクト(図形・表)を上・下・左・右に整列させたい




Q

上揃え・下揃え・左揃え・右揃え・上下均等・左右均等 機能を利用します。

■参考動画


①揃えたいオブジェクト(図形or表)をCtrlキーを押しながら選択します。
※最初に選択したオブジェクトが揃える基準となります。
※下図は左側の平面図を基準とした場合
※最初に選択したオブジェクトの中心のマークのみ■となります。
(この■マークは選択されたオブジェクトの移動の基点にもなります)

i13_1

②オブジェクト(図形or表)を複数選択することで表示されるアイコン(上図赤枠)より選択します。
i13_2.png

※③"上揃え"を選択すると、最初に選択したオブジェクト(図形又は表)の上部に揃います。
i13_3