プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングとは

プロジェクションマッピングとは、実物<リアル>と映像<バーチャル>をシンクロさせる映像手法で、 その両者の融合が生み出す魅力的な世界観はいま世界中で注目を集めています。 映像やコンピュータグラフィック等をスクリーンのような平面に単純投映するのではなく、建築や家具などの立体物、または凹凸のある面にプロジェクター等で投映する。その際、映像等の素材にはスクリーンとなる対象と同じ立体情報や表面情報を持たせ、投射の際にぴたりと重なり合うようにします。すると、その映像の動きや変化で、 対象物が動いたり、変形したり、または自ら光を放つ様に感じさせる幻想的で、錯視的な映像表現でもあります。

建築空間におけるプロジェクションマッピングの可能性

「プロジェクションマッピング」と聞くと、東京駅や大阪城、東京ディズニーランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど 建物に映像を大きく投影しているイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。 日本ではここ数年イベントやアトラクションに利用される機会が多いので、プロジェクションマッピングは建物に投影するイメージが強いと思いますが、 海外ではアートや建築空間演出など幅広い使われ方をしております。 また、日本でも、近年では商業施設やオフィス、建築物のファザードや内装デザインにデジタルサイネージを利用した空間演出を行う施設が増えてきました。 今後は益々ハードの進歩により建築空間に大型映像機器が利用されていくと言われております。

プロジェクションマッピング事例

事例No.1

■会社名:リコージャパン株式会社 様
■事業内容:事務機器販売
■採用ソリューション:プロジェクションマッピング(ロゴマッピング)
■導入目的:企業受付インフォメーション おもてなし
■概算コスト:約300万円

事例No.2

■会社名:リコージャパン株式会社 様
■事業内容:事務機器販売
■採用ソリューション:プロジェクションマッピング(イラストマッピング)
■導入目的:企業受付インフォメーション おもてなし
■概算コスト:約300万円

事例No.3

■会社名:TOTO 様(小倉本社工場)
■事業内容:衛星陶器メーカー
■採用ソリューション:プロジェクションマッピング
■導入目的:おもてなし空間演出
■概算コスト:約1000万円

事例No.4

■会社名:東急レクリエーション 様(二子多摩川109シネマズ)
■事業内容:映画館
■採用ソリューション:プロジェクションマッピング
■導入目的:店舗空間演出&広告媒体
■概算コスト:約2500万円(照明連動)

プロジェクションマッピング注意点

プロジェクションマッピングを設置の際は、以下の様な事を注意します

■目的

・どのような方を対象に目的は?

■予算

・数百万円から数千万円の費用となりますが、予算はどうか
・アイデア次第で室内常設で安価に実施可能です

■実施場所

・屋内か屋外かでプロジェクターの種類や台数が変わります
・屋外の場合には機材設置のためのやぐらが必要となります
・公共の場で実施する場合には警備の配置等が必要となります
・暗さが必要のため、屋外の場合は夜限定
・騒音、道路交通規制など⾃治体や警察許可が必要

・大混雑、安全⾯対策(人の誘導など)が必要

プロジェクションマッピング実施までの流れ

生活産業研究所では、プロジェクションマッピングの建築空間への普及をサポートしています。
ご興味などありましたら以下よりお問い合わせ下さい。

プロジェクションマッピング実施までの流れ

お電話でのお問い合わせ

TEL お問合せ 03-5723-5461