はじめての天空率

はじめて学ぶ天空率

天空率で建築可能空間を最大限にアップ

天空率制度は、2003 年 1 月 1 日より施行された改正建築基準法 ( 以下、建基法 ) 内において追加された制度で、従来の高さ制限 ( 道路斜線 ・隣地斜線・北側斜線 ) となる建基法第 56 条に新たに第 7 項として設けられました。 従来の斜線勾配等による仕様規定から、” 天空率 ” とい う新たな指標を用いて高さ制限の緩和が可能となる制度 ( 性能規定 ) の併用が可能となります。
以下をご覧いただき、天空率の基本知識をご確認ください。




従来斜線 ( 高さ制限 ) とどこが違うのか?

従来は、一定距離における高さは定められた高さが一律にかかっていました ( 仕様規定 ) が、天空率 ( 空の見える割合 ) を利用することにより、設計者が自ら建築可能空間を創出することが可能となります。

■Point

天空率を学ぶ上で押さえておきたいキーワード

天空率

任意の測定ポイントに対して正射影投影(魚眼レンズで空を見上げたもの)された図(天空図)より、建物が投影されている範囲の除いた空間の割合(=空の見える割合)のことを天空率といいます。

天空率について

天空図

「測定ポイント (O)」と建築物頂部(指定点 A、B)を結んだ際に発生する「P」を、垂直に投影面に描くことで、天空図(正射影投影法)が作図できます。最終的には、円 ( 水平投影面 ) の面積から建築物投影面積を引いた割合で天空率を求めます。

天空図について

測定点ポイント

測定ポイントは、各高さ ( 斜線 ) 制限毎に定められています。利用する斜線制限の全てのポイントに対して天空率計算を行います。

測定点ポイントについて

適合建築物と計画建築物

天空率制度は、所定の測定ポイントに対して天空率を比較します。この時、比較対象元となるのが、高さ制限適合建築物(以下、適合建築物)で従来の高さ ( 斜線 )制限を建物に置き換えたものを指します。また、原則として境界線単位の適合建築物及び計画建築物に対しての天空率算定となります。以上のことから、各測定ポイントに対して適合建築物の天空率よりも計画建築物の天空率が上回って ( 同等以上 )いれば、従来の高さ ( 斜線 ) 制限と同等のものという扱いで無視することが可能となります。

天空率について




生活産業研究所公式 note記事

ADS-win

戸建ての設計ばかりだから、天空率はいらないですよね?

    
 
ADS-win

天空率、出来れば使いたくないです…

    
 

天空率についてもっと学びたい方へ

セミナーの受講で理解をさらに深める

天空率解析ソフト ADS で天空率計算を体験

天空率解析請負サービス

天空率計算結果を無料で判定

天空率についてのご相談(無償 / 有償)