フリーCADソフトと天空率計算専用ソフト(ADS)での天空率計算操作の比較

フリーCADソフトと天空率計算専用ソフト(ADS)での天空率計算操作の比較


天空率の計算は、フリーCADソフトでも可能です。無料で天空率の計算ができるのでそれで充分とのご意見もありますが、
・天空率についての十分な理解(領域分け、緩和の理解)
・手作業による時間的なコスト、手間(測定点の手計算、1つ1つ行う天空率算定の手間)

といった懸念点もございます。
操作方法の一例ですが、天空率計算におけるフリーCADソフトを使った場合と、専用ソフト(ADS)を使用した場合の作業の流れを比較してみました。
タイムパフォーマンスが重視される昨今、何に注力するかの参考にしていただければ幸いです。

フリーCADソフトで天空率計算をする場合
  
Step1 計算前
①領域の確認

領域(天空率計算の対象となる範囲)を確認する。
領域は、斜線の数だけ必要となり、勾配や立ち上がりの高さ、斜線の方向事で分ける必要がある。用途地域をまたぐ場合もそれぞれに分ける必要がある。

   
②計画建築物/適合建築物/測定点の作成

1)計画建築物の作成

CADの図面を利用し計画建築物を作成。

フリーソフトとの比較

2)適合建築物の作成

CADの図面を元に高さを入力して適合建築物を作成。2.5Dのアイソメ図で確認。

フリーソフトとの比較

3)測定点の作成

測定点の間隔は手計算にて作成。

フリーソフトとの比較
    
フリーソフトとの比較
【要注意】
領域が複数ある場合は、それぞれに対して作成する。


Step2 天空率計算
①計画建築物の天空率計算

測定点を1つ1つクリックし作図。測定点の数だけ同じ作業を繰り返す。

フリーソフトとの比較

②適合建築物の天空率計算

測定点を1つ1つクリックし作図。測定点の数だけ同じ作業を繰り返す。

フリーソフトとの比較
  
フリーソフトとの比較
【要注意】
計画が変更になった場合は、同じ工程を繰り返す。
計画の変更ごとに最初から作業を繰り返す為、天空率のシミュレーションに手間と時間がかかる。
専用ソフト(ADS)で天空率計算をする場合
  
Step1 計算前
①敷地と与条件の入力

DXFデータをインポートして敷地を作成し、道路境界条件等必要な情報を入力する。

フリーソフトとの比較

②建物編集で計画建築物を入力

DXFデータをインポートし計画建築物を作成する。

フリーソフトとの比較

Step2 天空率計算
天空率算定領域を自動生成し、一括で計算

適合建築物、天空率算定領域、測定点を自動生成。天空図も自動で作成され、計算および判定結果も自動で表示。

フリーソフトとの比較

確認申請で要求される各種図面及び表を、CADデータとしても出力可。

フリーソフトとの比較
  
フリーソフトとの比較
再計算を行った場合も、各種情報は自動更新されるため、シミュレーションの繰り返しがストレスを感じずに行える。

  
比較まとめ

【フリーCADソフトでの操作】

・計算作業を行うにあたり、領域分け、緩和等、天空率の知識がしっかりとあることが前提となる。
・フリーCADソフトで天空率の計算を行う際には、2.5Dでの操作が必要となる。
・フリーCADソフトで天空率の計算はできるが、領域ごとに1つ1つ手作業で行い、かつ計画を変えるごとに計算する必要があるので、プランの比較検討に手間と時間がかかる


【専用ソフト(ADS)での操作】

・作業時間はフリーCADソフトでの計算とは比較にならない程早い。
・自動生成に頼りすぎて処理結果を見落としがちになるので、基本的なことは理解する必要がある
(ADSでは、サポートセンターの専門スタッフによるフォローが受けられます。)

  





生活産業研究所公式 note記事

ADS-win

戸建ての設計ばかりだから、天空率はいらないですよね?

    
 
ADS-win

天空率、出来れば使いたくないです…

    
 

天空率についてもっと学びたい方へ

セミナーの受講で理解をさらに深める

天空率解析ソフト ADS で天空率計算を体験

天空率解析請負サービス

天空率計算結果を無料で判定

天空率についてのご相談(無償 / 有償)